日本人とバスタオルの関係

バスタオルの歴史

日本のタオルの歴史

日本のタオルの歴史

汗を拭いたり、お風呂で使ったり、タオルが入ってくる前は手ぬぐいだったのでしょうね。手ぬぐいももちろん素敵ですけれど、保水力に優れているのはやっぱりタオル。現在使われているようなパイル上のタオルが作り出された歴史はじつは非常に新しく、今日より約200年ほど前でしかなく、綿タオルとして工業化されたのは近々約150年ほど前に過ぎないのです。

日本のタオルの歴史は1870年代、輸入品として始まります。当時は特殊な織り方の保湿性の高い布地として手触りを楽しむようにマフラーなどに用いられたとか。現在よりもずいぶん大判なものが流通していたようです。和装にタオルのマフラーは想像するとちょっとこっけいですね。今までにはない織物ということで織物産業が盛んな関西の商人が注目し研究に研究を重ね約20年、1887年頃に自国での製織方法を開発しました。ループしている横糸を使った織物技術はベルベットなどの製造技術を応用したものだとか。もとより関西方面は織物製品の流通に携わる人が多く、目新しい高級織物の技法を手に入れ巨額の富を手に入れた商人も多かったようです。この頃から、吸水性や乾きの良さ、パイル地の浴用布としての使い良さなどにも着目され、順次浴用布としての使用目的を持ったタオル布の製織が盛んになり、各地で生産されるようになりました。絹織物同様自国の主要な産業として各外国に輸出され織物国日本の一端を背負っていた時期もあります。

バスタオルがなかった時代はどうしていたか

バスタオルがなかった時代はどうしていたか

バスタオルが日本で一般的になるはるか前から日本人はお風呂好きでした。昭...

機能性を重視したタオル

いろいろな素材のタオル

いろいろな素材のタオル

昭和からの繊維不況が長く続く中それでも独自の視点から何とかヒット商品を...

機能性を持たせたタオル

朝にシャワーを浴びて急いで出かける。夜になって濡れた髪を乾かさなくちゃ...

機能性を持たせたタオル

タオルのお手入れ方法と収納

バスタオルから家庭の温かさを感じる

バスタオルから家庭の温かさを感じる

友人の夫婦喧嘩の原因が「妻が毎日バスタオルを換えてくれない。」だったこ...

意外と知られていない?!お手入れ方法

意外と知られていない?!お手入れ方法

よく言われることですが、試用前には必ず洗ってホコリを落とすこと!これは...

タオルをスッキリ収納する方法

タオルをスッキリ収納する方法

ふわふわのタオルですが、いざ収納するときにかさばってしまうのが困りもの...